高松市の整体院・アトピー・自律神経改善なら

整体すなおす

〒761-0122 香川県高松市牟礼町大町1006番地(ことでん志度線 塩屋駅 徒歩4分)

お気軽にお問合せください
受付時間:9時~20時 土日祝は17時まで
定休日:不定休 月に3日ほどお休みします

ご予約・お問合せはこちら

090-1766-2930

院長あいさつ

院長 後藤 裕行 プロフィール

お気軽にご相談ください
肩書

整体すなおす院長 
何でも相談できて笑顔を増やす治療家を目指しています

資格

はり・灸・あん摩マッサージ指圧師(国家資格)

JTA療法認定療法士

ニューライリメディ療法 修了者

 

はり灸あマ指師の国家資格は解剖学・生理学・病理学・臨床医学・リハビリテーション医学などの現代西洋医学から、東洋医学概論・経絡経穴理論・鍼灸理論・あマ指理論・実技など、3年間3500時間の講義と実習を受け多面的な知識を身に着けた治療のプロとして国から認められた資格です。

生い立ち
  • 東京都大田区生まれ 小学校まで世田谷区居住
  • 12歳のとき、神奈川県横浜市に転居
  • 小学校時代は「学研まんがひみつシリーズ」が大好きで幅広いジャンルに興味を持った好奇心旺盛な子ども
  • 中学校・高校とバスケ部に所属。横浜市選抜チームに選ばれるも、神奈川県ベスト8の壁は破れず。
  • 専門学校卒業後、趣味のバスケで知り合った妻と結婚。8年後に離婚。
  • 整体教室で知り合った妻との再婚を機に瀬戸芸で惹かれた高松市へ移住。
  • 46歳にして父親に
  • 整体すなおすを開院してからは施術に関する知識・技術を学ぶ一報、瀬戸芸などのアートや地元のお祭りへ出かけるなど妻と娘との時間も楽しんでいる。
経歴
  • 1994年6月 学生時代から目黒駅前の鍼灸院にて勤務
  • 1995年3月 日本鍼灸理療専門学校本科 夜間部 卒 国家資格取得
  • 卒業後、ビートたけしさんの事故後顔面神経麻痺を治した中国人鍼灸師のもとで修行、現代中医学の鍼灸や推拿について学ぶ
  • 訪問マッサージの老舗、株式会社リカバリーに勤務し、在宅医療での手技・リハビリテーションを習得
  • 伝統的整体方法やレイキなどのヒーリングや心理学についてのセミナーを多数受講
  • 2017年4月 に整体すなおすを開院。
  • 2019年4月 JTA療法認定会員 
  • その後も多数のセミナーや勉強会へ参加。現在に至る。

 

所属団体

JTA療法協会会員

リメディ療法研究会会員

元 日本不妊整体協会会員

講演・セミナー開催実績

2017年8月、10月 はらこども園「にこにこキッズセンター」にて健康講座の講師として登壇

ごあいさつ

ホームページをご覧いただき、ありがとうございます。
整体すなおす院長の後藤 裕行です。

「適切な医療ってなんだろう?」

鍼灸あマ指の資格を取得以降、長く続く鍼灸院や中医学の先生の元での修行と治療、訪問マッサージなど様々な治療の現場に携わってきました。

延べ4万人以上を見てきました。

バスケでケガをして思うように動けない辛さを経験し、スポーツに携わりたいと鍼灸あマ指の資格を取りました。

現場を重ね、スポーツ限定から一般の治療へと興味が広がる中、ある想いが浮かんできました。
特に訪問マッサージで高齢の方々と接する機会が増え、疑問が増します。

 

「真面目に薬をのみ、通院しているのにどんどん元気が無くなる」

 

そんな人がメチャクチャ多い、多すぎるんじゃないか?

医療現場の実情や薬の知識、治療方針の海外との違いなど知れば知るほど疑問は膨らんでいきます。

 

「適切な医療ってなんだろう?」

 

そんな考えが頭に浮かぶようになりました。

 

自分の身体や医療の一翼を垣間見てきて、確信があります。

 

「急性症状や外傷には薬や手術は大変有効。しかし慢性症状には疑問。」

「薬を飲み続けると身体の機能はどんどん低下していく」

「身体が本来の機能を正しく働かせていれば、元気でいられる」

 

薬はとても効果的です。
しかし状況により、良くない結果をもたらすこともあります。

効果的なのは急性症状がほとんどです。

(ギックリ腰などには整体の方が効果的と思います)

 

多くの方に処方される高血圧・血糖値・痛み止めなどの薬は飲み続けることで身体の異常を知らせる信号を遮断してしまいます。

結果的に身体の機能が徐々に働きにくくなるので、使い続けることが本当の意味でいい影響を身体に与えないと感じます。

血圧が上がっていることには理由があるはずです。
血圧を上げなければ身体を機能させるために必要な血液の流れを生み出せないのでしょう。

ですから、ただ血圧の数値が正常範囲に入ればOKではないと思いませんか?
根本的な対策が必要ではないでしょうか。

わたしは高校生の時、アレルギー性鼻炎で鼻炎カプセルを常用していました。
まだ花粉症という言葉は一般的ではなかったと思います。

現在は病院に行っていません。
事故で骨折した時と歯医者以外、30年くらいお世話になっていません。

専門学校に通っていた頃からお灸やツボの指圧で大した病気にならずに済んでいます。
今は整体やレメデで調整することで疲れが溜まると鼻水が少し出る程度です。

家族そろって薬とは無縁でいられています。

腰や膝が痛くて手術をした方が、かえって動けなくなり家から出なくなる様子をたくさん見てきました。
一方で手術をすすめられたが整体院や民間療法で日常生活を送れている方が多くいます。

ステロイドを止めてアトピーを克服した方も増えてきています。

調べていただくと分かるのですが、海外では風邪で薬を処方されません。
腰痛に湿布を渡しません。

以前、腰痛で痛み止めの湿布を常用していて小腸潰瘍になり使用を止められた方がいました。
薬剤性の消化管疾患は割と多い副作用です。

現代医療が見落としているところに元気でいられる答えがあると思えてきませんか?

 

日本の法律上、整体は医療ではありません。
民間療法の範囲です。

しかしながら自分の心に正直に「適切」だと思える身体・医学の知識を、届けたい・伝えたいと想い日々過ごしています。

現代西洋医学が得意な急性症状や外傷・事故などの分野、わたしのような代替療法が得意とする慢性的な症状検査に現れない不調の改善と、状況によって使い分けてもらえる世の中になってくれるといいなぁと思っています。

 

「身体が本来の機能を正しく働かせていれば、健康は維持できる」

 

このことを一人でも多くの方に体験してもらい身体や健康維持への関心高くなってくれたら嬉しいなぁと思い、整体院を開きました。

大切にしていること

「心と身体はつながっている」

よく言われる言葉ですが施術の現場にいると、より強く感じます。

 

辛くて病院に行っても検査で何も発見されず、とりあえず薬を飲んで様子をみましょうと言われ帰宅。
結局何も良くならず不安になったと相談されることがよくあります。

 

そんな方の身体には共通点があります。

 

・頭や首の緊張が強い

・お腹が硬く押すと痛い

 

このどちらかに当てはまることがほとんど。
両方ともある場合も多いですね。

 

これは自律神経がうまく働けていない時に出る身体の変化です。
そして自律神経が乱れるのは、かなりの割合でストレスの影響が大きく関わるものです。

 

ストレスには種類があります。

 

肉体的・環境的ストレス 労働、食事、喫煙、飲酒、気温、気候、薬物、運動など

心理的ストレス 怒り、喜び、不安、悲しみ、恐れ、ねたみ、など

社会的ストレス 人間関係、仕事上の問題、恋愛、人との比較など

 

 

心理的ストレスと社会的ストレスは両方とも心の問題ですので1つにしてもいいかもしれません。
アドラー心理学では「すべての問題は人間関係」と言い切っていますが、心の問題は確かに相手が必ずいるようです。

 

つまり身体への物理的刺激と心への感情的刺激がストレスなんです。

やっかいなことに2つの刺激ともに少なすぎると人生が物足りず、多すぎるとストレスになること。
刺激量の多少で良くも悪くもなり、そのちょうどいい量が人によってかなり違うんです。
仕事で
同じノルマを与えられても、やる気が出る人と意気消沈する人がいるのは何となく分かるのでしょう?

 

そしてこの2つの刺激は相互に関係してきます。

 

例えば、蒸し暑い日の肉体的ストレスは感情的にもイライラしたりやる気が出なかったりして不快をもたらします。
仕事上のプレッシャーで胃腸の病気になることはご存知でしょう。

 

「心と身体はつながっている」のです。

 

わたしは整体師ですから身体にアプローチします。
そして身体が変化すると心も変わっていくことを経験しています。

 

同時に、心が解放されると身体が楽になっていくことも何度も見てきました。

 

更にお知らせすると、身体の変化によってストレスに対する許容量が変わっていきます。
今までストレスだと思っていたことが平気になっていきます。

 

ご存知でしょうか、心理学では
「相手を変えるのではなく自分が変わらなければならない」
という考え方があります。

しかしながら自分の心を変えるのもかんたんではないですよね?
身体を変える方がかんたんそうに思えませんか?

そして身体が変わりストレスの許容量が増えていけば結果的に心もどんどん落ち着いていきます。

 

身体が楽になって心も楽に。
心が楽になって身体も元気になる。

心と身体に良い循環が出来てきます。
ですので、当院では身体だけでなく心や感情を大事にしていきたいと思っています。

 

家族や身近な人だとかえって話しづらいことも、赤の他人だと打ち明けられることがあります。
ちょっとした愚痴や不満を心にしまわず口にすることで、スッキリすることもあります。

 

そんな何気ない不満や不安、寂しさなどを気軽に話せるような治療家を目指しています。
何でもご相談・お話しください。

ご来院をお考えの方へ

「身体を感じる」

あなたは自分の身体を知っていますか?

 

普段、身体のことを意識している方は案外多くいません。
わたしのような健康オタクやスポーツ選手、音楽家など身体に関心が強い一部の人が

「今日の調子はどうかな?」って身体の声を聴こうとします。

 

しかし普段は身体を気にしない人が意識する時があります。
痛い、かゆい、苦しい、しんどい、そんな不調が生じた時です。

 

逆に言えば「痛い」などの不調は身体が気にして欲しがっている信号とも言えます。
話せない赤ちゃんが泣き叫ぶのと同じで、不快な症状を出して気をひこうとしているんです。

 

では、赤ちゃんが泣き叫ぶないようにするにはどうしたらいいでしょうか?
ぐずりそうな様子を感じたらすぐオムツやミルクなど適切に対応できれば機嫌がもどります。
ぐずっているのを放っておくと、大泣きして大変ですよね。

 

では、身体はどうでしょうか?
身体も、ちょっとぐずった時に対応してあげればいいと思いませんか?

 

赤ちゃんは外から様子をみるので全て理解するのはちょっと大変。
でも自分の身体なら、赤ちゃんより簡単そうではないですか?

 

ですので、当院では自分の身体を感じられるようになることを大事だと思っております。

 

毎回、検査をして

 

「どこが動きにくいのか」 

 

「どこがうまく働いていないのか」

 

整体師だけでなく受け手の方にも体感していだくことを意識しています。
自分の身体が大声で泣く前に気づいてあげられるようになれば、機嫌が良くなるのも速いですから。

あなたも身体を感じ、笑顔で元気に過ごせるようになっていきませんか。

スマホからは週表示にすると
お休みが分かりやすいです

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

090-1766-2930

受付時間:9時~20時 土日祝は17時まで
定休日:不定休 セミナー参加などで月に3日ほどお休みします

ラインからのご予約・お問い合わせ

友だち追加

新着情報

2019年10月15日
アトピー克服コースの内容を更新しました
2019年10月8日
アトピー克服コースを公開しました
2019年10月1日
ホームページリニューアルしました

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・ご予約

090-1766-2930

フォームでのお問合せ・ご予約は24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

お客さまの声

丁寧で穏やかな雰囲気にとっても癒されます

身体の不調を訴える方がいれば、迷わずおすすめさせて頂きたいです

心より感謝いたします

整体を受ける毎に痛みが少なくなり、身も心も楽になって来ました。

アクセス・受付時間

住所

〒761-0122
香川県高松市牟礼町大町1006番地

アクセス

ことでん志度線 塩屋駅 徒歩4分
駐車場所 あり

受付時間
 
午前
午後

9時~20時 土日祝は17時まで
自宅で小さな子どもがいるため、17時以降はやや声や音がする場合があります

定休日

不定休 セミナー参加などで月に3日ほどお休みすることがあります

※フォームからのお問合せは24時間受付しております。

院長ごあいさつ

後藤 裕行

親切・丁寧な対応で何でも相談できる治療家を目指しています。お気軽にご相談ください。