慢性症状に悩む方の整体すなおす 高松市、さぬき市、三木町出張可

プロフィール

  • HOME »
  • プロフィール

何でも相談できる治療家を目指しています!

 後藤 裕行 

1969年11月生まれ さそり座B型

東京都出身 高松市在住

1995年 鍼・灸・按摩マッサージ指圧師 国家資格取得

鍼灸あマ指師は3年間約3,500時間の講義と実習を受け、解剖学、生理学、病理学、リハビリテーション等の西洋医学と、東洋医学概論、経絡経穴論、あん摩マッサージ指圧理論等の東洋医学を学び、多面的な知識を身に着けた身体のプロとして国から認められた資格です。

治療の現場を重ねる中で、手技療法こそ自分が世界に貢献できると感じる。

指圧マッサージだけでは対応出来なかった症状があった経験から、より効果の高い手法を学び整体師として活動を始める。

46歳で父親となり、家族が笑顔で過ごせる世界に貢献したいとの想いで日々施術にあたっている。

 

慢性疾患が楽になる治療法を

専門学校で学び、現場で治療に携わると現代医療は外傷・急性疾患には強いが、慢性疾患には効果をあげていないと感じます。

医療費の増加も、そのことを証明しているのではないでしょうか。

 

「長年、辛い状態で悩んでいる方のためにお役にたちたい」

 

そんな想いで高松市牟礼町で「整体 すなおす」を開院いたしました。
それ迄の経緯をお伝えさせていただきます。

興味を持っていただけたら嬉しいです。

 

東京+大阪=高松

2015年4月 2度目の結婚を機に高松市へ移住してきました。

高松市には全く知り合いがいません。

 

「なぜ?」ですよね。

 

大阪府出身の妻と東京都出身の自分、どの地で生活するか?

 

40代同士ということもあり、

 

・都会の良さ、田舎の良さのバランス
・自分達が心地よく過ごせる地

 

そんな地は何処か、思い巡らすうちに浮かんだのが高松市でした。

2013年に瀬戸内国際芸術祭で2度訪れた際に見た夕陽に照らされている瀬戸内の風景、町の雰囲気、優しい人々を思い出したんです。

妻の知人に香川県にご縁がある方もいて、「イイところ」と背中を押していただき移住を決めました。

そして結婚の翌月、子どもを授かることが判明し、2016年2月にナント46歳にして父親になりました。

現在は、娘の可愛さにメロメロ。

初めての経験に苦労しながらも子育てを楽しんでいる日々です。

 

お母さんが元気だと家族も嬉しい

健康でいること、元気に笑顔で過ごせるが人生において最も重要だと、訪問マッサージで動けなくなった方に施術をする度に感じていました。

家族を得たことで更に強く感じます。

 

そして、元来丈夫な方ではなかった妻と生活し、子供と過ごすことで家族の太陽である″お母さん″が元気でイキイキとしている重要性を再認識しました。

 

まずはお母さんの身体と心を軽く出来るように。

 

そして子どもからお年寄りまで、家族みんなが笑顔で過ごせるようにと日々施術に臨んでいます。

 

治療の道に

様々な事情により中央大学理工学部を中退し、アルバイトをしながら将来の道を模索していました。
その時に雑誌の記事で海外スポーツで活躍する鍼灸師がいることを知ります。

 

中学・高校とバスケに夢中になっていたこともあり、動きたくても痛みで動けない辛さを経験していました。

 

「辛い想いをしている方が楽になり喜んでもらえる」

 

そんな考えからスポーツに携わる仕事もイイかなと思い、東京都渋谷区の日本鍼灸理療専門学校に入学しました。

在学中から鍼灸院に勤務し、実際の治療現場に出て助手の立場ながらも患者さんに

   「痛みが軽くなった」

   「身体が楽になった」

と喜ばれると自分も嬉しくなりました。

 

専門学校卒業後は更に経験を積もうと鍼灸よりも需要の多いマッサージの現場にも携わりました。

 

多くの人に喜んでいただける機会も増えました。

 

しかしなかなか症状が改善しなくて、悔しく、申し訳ない想いに襲われることも増えました。

 

信頼していただき何度か施術を重ねても良くなっていかなかった方が、ようやく楽になって喜んでいただけた時に

   「天職だなぁ」

と感じました。

 

喜びと悔しさの両方の感情を感じられること、相手(仲間)に申し訳なく感じることはバスケに熱中していた頃のようで、生き甲斐を見つけたと感じました。

 

「相手を喜ばせられれば、自分も喜びを感じる。喜ばれる様に腕を上げればいい!」

 

そして

 

「スポーツだけでなく広く色々な症状に対応出来る治療家に成ろう」

との想いに至りました。

 

その後も中国出身の著名な先生の元で働きながら手技から鍼まで学び臨床経験を積みました。

町中の鍼灸マッサージ院で10代から70代まで五十肩からギックリ腰や慢性の腰痛・頭痛の方を診てきました。

訪問マッサージで10代から103歳まで、パーキンソン病や脳梗塞後遺症で寝たきりの方が歩けるようなるまでリハビリを兼ねたマッサージ、脳性まひの子ども、大腿骨骨折や長期入院による廃用性の機能障害等、様々な症状と向き合ってきました。

 

その中で

「先生の手に触れられると気持ちイイ」

と言われることが多くありました。

 

また、鍼よりも手技が患者さんの身体の状態を掴みやすいと自分には感じられることに気が付きます。

鍼を使わなくても、ツボの効果を手技で引き出せる手法を身に付けたこともあり手技専門の治療家として進んで行くことを決めました。

 

痛みを乗り越える

自分は今迄うまくいかなかった経験があったお陰で成長してきました。

学生時代、バスケで試合の重要な場面でシュートを決められずに負けたことで懸命に練習して、技術と精神面を鍛えて土壇場で決められるようになりました。

29才で1度目の結婚と30代半ばで離婚を経験したことでそれぞれの人の考えの違いや、言葉と行動に関心を持つことになりました。

人間の心理的影響に嫌でも触れることとなったんです。

心が沈んでいると身体の調子も良くないことを体感しました。

 

そのために人の心理を学び、ストレスについても知識を深めて行きました。

 

現在、

 「他の人に言いにくい話しを先生にはナゼか話してしまう」

と言っていただけることに繋がっているのかもしれません。

 

そして、ご期待に応えられなかった患者さんのお陰で、より結果の出る技術を探求して治療効果が上がってきました。

 

現在も

「安全かつ効果の高い治療法」

を探求して日々学び続けています。

 

長生きの時代を、元気に過ごす

鍼灸院や訪問マッサージで高齢の方、難病の方と触れる機会があり、また年齢を重ねてから子供を授かったことで、

  「元気に年を重ねることの素晴らしさ」

を更に意識するようになりました。

 

  「介護する側・される側双方共に辛い」

そんな現場を沢山見てきました。

 

  「寝たきりだった方が座り、立ち、歩く」

そんな喜びの場面にも携わりました。

 

ブログに書きました「橋口さん」との出会いも自分の治療家人生に大きな影響がありました。

 

そして治療の現場で沢山の人と出会うなかで、

 

「病院へ行っても検査で異常がないと言われて途方に暮れている方」

「医師の対応に強い不満を抱いている方」

 

が、かなり多くいることも知りました。

 

お役にたてるよう、知識と技術の向上に努める気持ちが強くなりました。

 

また、妻の育児の様子をみて、手伝い、その大変さを実感しています。


また、子どもの背中に皮膚炎が出来てたことで、子どものことを気に掛ける母親の愛情の深さを妻の姿から知りました。

 

「子どもが元気に育ち、お母さんを安心させたい」

 

そんな想いも強くなり、子どもに整体が効果的なことをもっと広めたい気持ちも増しています。

 

寝たきりの方が少しでも減り、介護する方も身体も心も軽くなる。

育児に忙しくても、元気に笑顔で子どもと過ごせる。

 

そして、

  「家庭に笑顔が増えれば、世界は少し幸せになる」

 

そんな世界に少しでも貢献していきたいと考えています。

 

 

 

趣味

・バスケNBAレイカーズファン

・美術館巡り

・休み前日のビール


長文をお読みいただき、ありがとうございました。

身体のことなら何でも相談を TEL 090-1766-2930 受付時間 8:30~17:30施術時間 9:00~18:00 時間外の対応は個別にお問合せを 不定休

基本情報

【院名】
高松市牟礼町の整体すなおす
【住所】
高松市牟礼町大町100番地

高松市立牟礼南会館と塩竈神社の間の歩き遍路道を神社から北西に50mほど歩いた場所になります。

ことでん塩屋駅から徒歩4分
駐車スペースあり

【電話】
090-1766-2930

【営業時間】
9:00~18:00
時間外の対応も可能な場合があります。

お問い合わせください。

【電話受付】
8:30~17:30

【定休日】
不定休
(セミナー参加等の為、お休みする場合があります)

PAGETOP
Copyright © 高松市牟礼町の 整体 すなおす All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.